中国暮らしで発見が遅れてしまった低身長

私の息子は小学6年生ですが、健康診断の時に低身長の可能性があると言われました。低身長は早く発見できれば、成長ホルモンを注射するだけで身長の伸びを良くすることができるそうですが、発見が遅すぎたためセルフケアだけで成長を促すことになりました。
海外勤務で、小さな頃からずっと中国で生活をしていたため日本のような健康診断をほとんど受けたことがありませんでした。アキレス腱を切るなどの外傷も中国の医療機関では発見してもらえず日本で治療をしたら手遅れだと言われたこともあります。
成長ホルモン療法を受けるには遅いかも知れないと医師に言われたので、成長ホルモンを分泌させるため、アルギニンを始めとするアミノ酸、カルシウム、マグネシウムなどをしっかりと摂れる食事を心がけました。
また運動をしっかりして、睡眠時間を確保することも大切なので、身長を伸ばすために健康的な生活をするようにしています。
子供の身長というのは本人が一番気にしているので、できることはやっておきたいと思い、子供の身長が伸びるサプリメントも利用しています。このサプリメントは子供の体の成長を促す成分がすべて配合されているので、栄養素を考えて食材を買うという負担が軽くなりました。
例えば、鶏胸肉にアルギニンがたくさん含まれているとわかっていても、毎日食べ続けるのは非常に難しいので、子どものサプリメントは必要だと思います。
専用のサプリメントを飲んでいるだけで、親としてはかなり安心できます。毎日の食事の中で不足している栄養素を考える作業はストレスになるので、自然に似たようなメニューを繰り返すことになります。
身長を伸ばすためとは言え、同じメニューを繰り返し食べていては、栄養が偏る可能性がありますが、必要な栄養素はサプリメントに含まれているとわかっていると様々な食材を使うことができます。
これからもセルフケアで子供の身長を伸ばすために、上手にサプリメントを利用して、ストレスフリーの生活をしていきたいと思っています。

PR|ダイエットチャレンジ100日|英語上達の秘訣|健康に役立つ口コミ情報|女性向けエステ.com|SEOアクセスアップ相互リンク集|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|エステサロンを上手に利用する情報サイト|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康マニアによる無病ライフ